メルカリ転売で売れるもの知る方法|楽々月収10万円

メルカリ転売で売れるものを知る術

メルカリ 転売 売れるもの

 

最近、話題のフリマアプリ、メルカリを使って、副業感覚でお小遣い稼ぎをしたり、または転売を本業としてメルカリで稼ごうとする方々が非常に増えています。
転売と聞くと、なんだかあまりいい印象を持たない方もいらっしゃるかと思いますが、
転売は、投資として認識していただいて良いと思います。安く売っているものを仕入れ、仕入れた額より高く売る。これが転売なのですが、これビジネスの基本の流れです。
小売業とやっていることと全く同じですし、
株などの投資も、割安株を買い、高くなった時に売ることで利益を得る仕組みです。
メルカリで転売をしていくことは、投資をしていることと同時に、自らがお金を稼ぐことの楽しさを味わえます。だから、どんどんこの不景気な時代で、まともな給料も得られない環境の中で、個人でメルカリ転売して稼いでいくことをお勧めします。

 

メルカリ転売で重要点

 

しかし、実はメルカリを使って転売をしていく上で、最も重要なこと。それは売れるものを知ることです。確かに、自分がある商品に詳しいのであれば、その商品相場を把握できているわけなので、相場より安くメルカリで販売しているものを見つけてしまえば、利益を出すことは容易です。
ただ、中々、幅広く商品に詳しくなることは難しいですね。メルカリに限らずですが、売れるものとは、需要があるものをさします。
つまり、何に需要があって、売れるもの、さえわかってしまえば、メルカリでの転売で十分稼いでいくことが出来ます。

 

実は、メルカリに限ったことではありませんが転売をしている人たちで上手に稼いでいる人たちは、必ず商品の需要を把握しています。なぜなら、売れるものを、売っているから回転率も早いですし、仮に1商品の利益が小さいとしても、こなす商品数が多ければ、塵も積もれば山となるで、十分な額を稼げます。もちろん1商品の利益が多ければ、数少なく、でも利益大で稼ぐことが出来ます。

 

メルカリ転売で稼ぐために売れるものを知る

 

そこで当サイトでは、これからメルカリで転売していく方、または今メルカリで転売をしているけどもうまくいっていない方に、とっておきの情報を共有したいと思います。
それは、メルカリで需要がある売れるものを知る方法です。

 

需要がある売れるものを知っている人には、いくつかパターンがあります。

 

その一つが地道にいろいろな商品を仕入れ、自身で売れるものを見つけるパターンです。私もこれに当てはまる人間でしたが、とにかく時間と労力がかかります。仕入れたもののほとんどが需要がなく、売れず、在庫として残り、そのうちのごく一部が需要があり、そこからの利益を狙っていくことになるのですが、辛抱強い人にはできるのかもしれませんが、まぁアナログな方法です。

 

そして、もう一つのパターンが、売れるものを売っている人の、売れるものを真似するものです。これ、実は1番賢い方法です。よく言いますよね、成功したければ、成功者の真似をしろ、と。メルカリの転売の世界でも同じで、需要がある売れるものを売っている人たちの真似をすればいいわけです。

 

ただ、ここで一つ気になりますよね、売れるものを売っている人を、どう探すのか、メルカリ転売で利益を出している人を探す方法なんてあるの?と。
確かにメルカリ転売で成功している人は、売れるものを探すくらい大変です、もし地道に探すのであれば。
しかし、そんなメルカリ転売で成功している成功者を見つけるツールがあるのです。

 

 

メルカリ転売のプロを見つける方法

 

この方法が、簡単にできるのが、
オークファンプロplusという最強のツールです。

 

このオークファンプロplusでは、プリマプリの定番のメルカリで荒稼ぎしている転売のプロの情報取得が簡単に行えます。何より嬉しいのがこれだけ万能ツールが月額5980円で使えることです。儲ける商品、転売のプロの扱う商品、商品の需要などがこの1つのツールだけで完結します。

 

私にしてみれば、これだけ万能ツールがこの価格は、本当に安価としか言えませんが、中にはそんなに払えない、なんて声も少なからず聞こえてきそうです。でも、そんな方々にお伝えしたいのは、このツールを使って、初心者が転売をするのと、ツールを使わずに転売をするのとでは、答えは明白です。
自分で、地道に長い時間をかけて、儲ける商品、方法を調べながら転売をするのと、ツールを使って儲ける商品、方法を一括でやるのとでは、稼げるまでの期間に圧倒的な差がでるでしょう。最悪、稼げずに、転売を諦めてしまうなんて結果にもなりかねません。

 

メルカリの転売を副業としてなのか、本業としてなのか、どちらにしても、出来るだけ多く稼いでいきたいと思うのが、本音ではないでしょうか。しかし、お金をうまく稼ぐには個人でリサーチをして、地道にやっていては、効率も悪く、結局まともに稼げず諦めてしまうなんてことも珍しくありません。